自分の好きな仕事ができる

経理部 経理課Iさん

採用情報

人と仕事を知る

経理部 経理課

仕事の特徴

・経理は会社にとってなくてならない存在で、経営に携われる仕事
・数字を通じて会社の全体像が把握できる
・専門性が高く、日々勉強しなければならない

経理課ってどんな仕事?

・伝票作成・入力:日々の取引を仕訳入力し、誰が見ても分かりやすいようにする
・決算:一定期間の財政状態、経営成績を明らかにし、決算書を作成する
・資産管理:会社が保有している固定資産や棚卸資産、消耗品等の資産を管理
・売掛金・買掛金管理:会社の売上債権の回収状況、仕入債務の支払状況等を管理
・原価計算:製品の原価を分析、測定、集計等して報告する
・税務申告:会計期間の利益を計算して、法人税等の額を計算し、申告書を作成する

尹さん 経済経営学部・国際貿易学科 卒

先輩社員のインタビュー

  • 入社当時の自分
  • 今の自分

お仕事は何をされてますか?

入社して1か月です。社外ビジネスマナー研修、社内研修、工場研修など様々な研修が続いています。座学を通じて、社内規定、各部門の役割、取り扱っている製品などを勉強しています。
文系出身なので、製品を理解するのが難しく、わからないことは積極的に聞いたり、インターネットで調べたりしています。

一番うれしかったことにまつわるエピソードを教えてください。

入社する前、文系なので理系の知識が乏しく半導体業界が良くわからなかったので、仕事がうまくできるかどうか心配でした。しかし、入社してから研修制度が充実しており、基礎から丁寧に教えて頂くことができました。
特に1週間の自社工場研修を通じて、ものづくりの現場を体験することで、理解が深まりました。先輩達が一から丁寧に教えて下さったので、半導体に興味はあるけれど、よくわからないといった方も心配せずにエントリーしてください。

ズバリ!この会社を選んだ決め手はなんでしたか?

私は、簿記会計の勉強が好きで、経理の仕事をしたいと思っていました。そして自分の語学力を活かしたいと思いました。当社はクローバルに事業を展開していて、海外の売上高は半分以上を占めています。
特に自分の出身国の中国にも工場を持っているので、簿記会計の知識と語学力の両方を活かせると思い、入社を決めました。また、当社は職種別採用をしているので、希望通りに配属が決まる場合が多く、自分が好きな職種に就き、能力を最大に発揮できると思います。

お仕事は何をされてますか?

仕訳の入力や請求書の処理をしています。海外にも子会社がたくさんありますので、中国子会社との債権債務照合も担当しています。他の部署から資料等の翻訳を依頼される場合もあります。

入社して嬉しかったことは何ですか?

経験もなく、知識も乏しかったので入社する前は少し心配でした。でも、先輩達がとても優しく接してくれましたし、丁寧に教えてくれたおかげで仕事も楽しくなりました。中国子会社の財務担当者と連絡をとることも多いので、語学力も十分活かせます。

今後の目標を教えてください。

経理は専門性が高い職種ですので、まだまだ知識が足りないと痛感しています。今資格の勉強を頑張っています。しかし、知識があっても実際にやってみないとわからないことがたくさんありますので、色んな経験を積みながら新しいことにも挑戦したいと思います。