会社を知るための1か月!

技術開発部 材料開発課T.Sさん

採用情報

人と仕事を知る

技術開発部 材料開発課

仕事の特徴

・技術的視点から問題解決にあたる
・課題の発見から試験・分析まですべて行うことが出来る
・「製品として売れるもの」を意識した技術職

材料開発課ってどんな仕事?

材料開発課はフェローテックの製品のうち、主にTE(ペルチェ素子)とDCB(セラミックス回路基板)を担当しています。いわゆる研究開発とは少し毛色が違いますが、「自社の製品をより良いものにする」ために課題の発見・解決を行い、実際の製品に直結する“技術開発”です。

T.Sさん 東海大学 大学院・工学研究科 卒

先輩社員のインタビュー

  • 入社当時の自分
  • 今の自分

お仕事は何をされてますか?

2017年の4月に入社して社内の研修、工場での研修、外部でのビジネスマナー研修などを行ってきました。社内の研修では、先輩社員に各部門の仕事や製品、規定やシステムの説明をしていただき、新入社員がいち早く会社のことを理解できるようサポートしていただきました。
今後、技術開発系の部門に配属され、サーモモジュールに使用される材料などについて、研究開発する仕事に就く予定です。

一番うれしかったことにまつわるエピソードを教えてください。

入社してまだ1か月なのでなかなかこれといったエピソードは無いですが、製品の説明を受けた際、質問に対して懇切丁寧に説明してくださった点は嬉しかったです。製品について説明してくださった方は皆営業の方でしたが、知識が豊富です。
技術的なことを聞いても詳細に教えていただき、理解を深めることができました。優しく温和な方が多いので、何でも質問しやすいと感じました。

ズバリ!この会社を選んだ決め手はなんでしたか?

私は中小規模でかつ、専門性の高いメーカーで技術関連の仕事をしたいと考えていました。リクナビで企業を漁っていたら「磁性流体」という化学系の製品や、「サーモモジュール」という半導体系の製品など、数多くのマニアックな製品を製造しているフェローテックを見つけ、興味を持ち、この会社を選びました。
まだ大企業というわけではないので、大きな仕事に携われることも期待しています。常に成長を求め、やる気を大切にし、懸命に努力している社風が好きです。

お仕事は何をされてますか?

私はDCBの技術開発を行っています。実験のようなことも多いですが、製品を分析して性能向上の方法の探求、お客様の要望に応えるための課題解決、時には市場情報から今後の開発項目の検討なども行います。最近ではDCBのソルダーレジストについて、生産現場の確認から、試験計画・試験・分析まで行っています。

一番うれしかったことにまつわるエピソードを教えてください。

最近行っている、ソルダーレジストについて、今まで社内で仮定していたこととは全く異なるような現象を発見することができました。それが「良いこと」なのかは分かりませんが、技術者として今までなかった技術的視点を現場に与えられることは面白く、それを発見できたことに一種の喜びを感じています。

新卒として働く会社として、この会社は適した会社ですか。

フェローテックは成長できる環境であり、成長の機会に恵まれており、成長を求める方には適した会社だと思います。技術者・経営者として優れたマインドを持つ社長や、社内全体に活力を与えて会社を成長させる副社長、その他にも優れた能力を持つ方がたくさんいます。中途採用された社員も多く、その方から他社での経験も聞くことができ、勉強になり、良い刺激になります。
時には自分で考え、時には先輩社員やその他の人と協力することで課題を乗り越えることができます。私はまだまだですが、それでも着実に入社してからの2年間で成長できたと思います。