株主・投資家の皆さまへ

個人投資家の方へ

フェローテックの特長

1. コア技術

コア技術は「磁性流体(代表的な応用製品は真空シール)」 と温調デバイスの「サーモモジュール」

2. トップシェア

ニッチトップ戦略でグローバルシェア「真空シール:65%」「サーモ モジュール:36%」など、トップシェア製品を保有する高収益企業

3. 主力M&A

M&Aで獲得した、半導体製造装置向け冶具・消耗材の、マテリアル製品「石英・セラミックス・シリコン・CVD-SiC」が大きく成長

4. グローバル化

海外売上比率が82%であり、生産・販売拠点、および従業員の 業務範囲もグローバルに展開する企業

5. 中期戦略

直近は、半導体ウェーハ(8インチ)の増産を計画しており、伸長する車載・IoT・パワー半導体分野の需要に対応

6. EV化・自動運転

社内プロジェクトを立上げ、中長期では、「サーモモジュール」「磁性流体」を中心に、技術革新の進む自動車分野開拓も強化

フェローテックの発祥

米 フェローフルイディクス社設立当時
磁石に反応する液体「磁性流体」
当社の代表的な製品「真空シール」
開発の目的

1960年代の米国NASA スペース計画の際に「磁性流体」を開発した事が始まり。宇宙で無重力の状態で宇宙船内の液体燃料を運ぶにはどうしたらいいか? 結局採用には至らなかったが、その後半導体の真空プロセスで密閉空間を保持する「真空シール」に活用されている。

フェローテックの生い立ち年表

半導体を扱うエレクトロニクス産業は技術革新が早く、常に技術を磨いていなければ生き残れません。 ものづくりでも同じことが要求されます。次の世代につなげるために、日々の努力が求められます。 新たな技術や事業の拡大にはM&Aも有力な選択肢ととらえています。

  • 沿革を詳しく見る

最新IRデータ

創 立 か ら 3 6 年 が 過 ぎ ま し た 。I T バ ブ ル や リ ー マ ン シ ョ ッ ク な ど 山あり谷ありの事業環境でしたが、それらを乗り越えて今のフェローテックがあります。 これからもステークホルダーの皆様に成長する楽しみが持てる企業であり続けます。

財務
ハイライト

期別の財務データの詳細はこちらでご確認いただけます

詳しく見る keyboard_arrow_right
株式情報

株価チャートをリアルタイムでご覧いただけます

詳しく見る keyboard_arrow_right
中長期
経営方針

最新の中長期経営方針をご確認いただけます

詳しく見る keyboard_arrow_right