close

当社のWEBサイトは、お客様により良いサービスを提供するために、クッキー(Cookie)を使用しております。
引き続き、当社WEBサイトを閲覧・ご利用することにより、クッキーの使用に同意したものとみなします。
詳細に関しましてはプライバシーポリシーをご覧ください。

株主・投資家の皆さまへ

経営トップからのご挨拶

株主のみなさまへ

平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
新型コロナウイルス感染症により、影響を受けられました皆さまにお見舞い申し上げます。ここに第42期中間決算報告をお届けするにあたりご挨拶申し上げます。

当社は、本年5月に新中期経営計画(22/3期から24/3期まで)を公表いたしました。
(当社ホームページに掲載中)
「事業成長」「財務強化」「品質強化」「人材強化」の4つを掲げ、最終年度目標として、売上高1,500億円、営業利益250億円、当期利益150億円、ROE15%、ROIC8%、自己資本比率40%超をKPIとして設定しております。 

本年の中間決算は、米中貿易摩擦の長期化や新型コロナウイルス感染症の影響もありましたが、前年を上回る実績となり、幸先の良いスタートがきれたと思っております。
年初からエレクトロニクス産業では、半導体など電子部品の需給がひっ迫しており、半導体不足による影響が各種産業で起きているとの報道がなされています。
当社グループでは、お客様からの需要にお応えするために「品質を第一に考え、顧客満足向上を追求」を掲げ、しっかりとした供給体制と今後の拡張を計画しております。

当社グループの経営の基本方針に基づき、株主のみなさまにとって「成長する楽しみが持てる企業」であり続けることに努めてまいります。
株主の皆さまにおかれましては、今後とも格別のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長 グループCEO 賀 賢漢
2021年12月吉日